夏対策 その1

先日の台風の翌日、ものすごい暑さで仕事から帰った後水槽をのぞくと
30度の大台にのってました。

あわててキューブガーデン45×27×30に夏対策をしてみました。
まずは、アピストの飛び出しと水の蒸発を気にして
水槽ぎりぎりのサイズに切り出していた塩ビ版を撤去して
エーハイムのフタ受けを縁全体にできる限り隙間なく敷き詰めました。
P6231516
飛び出しの多くはガラス面にそって飛び出すというのをAnで聞いたので対処法を考えていたら
こんな商品が見つかったのでやった次第です。

これで少しでも飛び出しの可能性が減ればと思っています。

その後はそこまで暑い日もなく25度ぐらいを保ってます。

これだけだと物足りないのでたまにはアピスト以外の魚の写真でも。
P6231531
ぼけていますがラスボラ(スタンダニオ)アクセルロディブルーです。
尻ビレがかなり発達していて血のような赤になっています。

広告
カテゴリー: AQUA タグ: , , パーマリンク

夏対策 その1 への2件のフィードバック

  1. りの より:

    うちも先日、大台突破したのでファンを設置しました^^;
    フタ受けをまわすのは、結構いいかもですね。
    確かにガラス面にそって飛びますからね。
    しかし、こんな商品あったのですね。1mのフリーサイズなら色々出来そう。

    • satoc1979 より:

      > りのさん

      このフタ受けお勧めですよ。
      受け部分はあまり広くないのですがフチ無しガラス水槽の雰囲気を壊さないので気に入っています。
      アクリルや塩ビ用ののこぎりがないと切るのが大変ですが
      好きなサイズにできるので給排水パイプの分だけ空けるなんてこともできます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中