アクロ25キューブのpHを下げよう その4

さてマジックリーフ+be-Softの組み合わせについては結果変わらずです。
be-Soft導入直後は下がりますが24時間後には元に戻ってました。。

魚は元気なのでこれ以上何かすることは一旦やめます。
他でいろいろ調べたところpHだけを気にするのではなく
GHなど他の数値もチェックする必要があると感じました。

今はまだ数値を計るものがないのでそれはのちのちやろうかと。

そしてナイルサンドなど化粧砂を厚く敷くとよくないことが水景工房さんのブログに書いてありました。
以下引用です。

化粧砂(白い砂)を使うと最初はPH/GHとも上がりやすくなり、少し維持が難しくなりますが、時間の経過と共に、砂からのミネラル分溶出が減り、次第に安定します。
この様な目の細かい砂を底砂として使用する場合、セットする量を少なくして、砂の層を薄くする事が管理を容易にするコツです。
厚く敷くと、嫌気層(酸欠のエリア)が出来て、藍藻や硫化水素の発生など、管理を難しくします。

うちの水槽は結構厚く敷いているのです。というか厚くなってしまった。。と言ったほうが正しいです。
セットする際に、量を計らずナイルサンドを洗ったので、せっかく洗ったから洗った量全部入れてやれって感じで投入したのでした。
確かに藍藻とかよく出てるんでなんでかなーって思ってたので原因がわかった気がします。

最後にそんな元気なコリドラス イルミネータス オレンジの写真です。
当たり前ですが、ブラックウォーターになったらより背中のラインがオレンジっぽく見えるようになりました。

P3200923

とりあえず、pH下げなくても魚は元気なのでこのシリーズは終わりにします。

広告
カテゴリー: AQUA タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中